マインドフルネスとは何か


最近マインドフルネスという言葉が、世間一般でも非常に聞かれるようになりました。

また、マインドフルネスと瞑想との関係についても、様々なところで聞かれることがあります。

現代は価値観が多様になり、生き方そのものも、画一的な良い大学に行き、大企業に就職して、結婚してマイホームを持つと言う時代ではありません。

そんな時、一番信じることができるのは、自分自身です。

その為に、自分と向き合い、自分が本当は何をしたいのか、見つめ直すことが大変重要になってきます。

こうした時代だからこそ、瞑想やマインドフルネスが、必要になって来るのでしょう。

 

○ マインドフルネスとは

マインドフルネスの提唱者は、ベトナムの僧侶ティク・ナット・ハンです。

彼はベトナム戦争中に、世界で反戦活動をしている最中に、政治的理由で帰国できなくなりました。

1982年にフランスで、瞑想センターを開設し、そこで「マインドフルネス」という言葉を用いて、瞑想の指導を開始しました。

彼の指導の目的は、簡単に言うと次のようなことです。

 
「今現在に起きていることに、100%を意識を集中して、五感をフル活用して対象物の感覚を感じること」

 
その為、彼の指導から言うと、どんなところでも実践することができ、

お茶を飲む時、

歩いている時、

ただ座って呼吸を感じている時など、

様々な場面で瞑想できるのです。

 
そしてなぜ今、マインドフルネスするかと言うと、

多くの人が今現在起きていることに意識を向けているのではなく、過去の失敗や将来の不安で頭が一杯なのです。

 
しかし、真実は今この瞬間の出来事であり、過去や未来については、自分の頭の中で、作り出しているに過ぎません。

 
その為多くの人が、意識が自分の頭が作り出している幻想の世界にいるということになります。

そして、意識をこの瞬間に集中することを通して、人は様々なこころの執着を手放すことができ、自由な存在になるのです。

 
2011年に、ティク・ナット・ハンは、カリフォルニアのGoogle本社で1日「マインドフルネスによるリトリート」の指導を行っています。

Googleでは、社内研修セミナーとして、「サーチ・インサイド・ユアセルフ」というプログラムがあり、マインドフルネスの手法を用いて、自己啓発を行っています。

 

○ マインドフルネスの効果

マインドフルネスを実践することで得られることは、「私」という意識が創り出す、過去の執着や欲望による囚われから、解放されるということです。

 
執着や欲望は、過去や未来と言う時間軸の中に存在しています。

しかし、マインドフルネスは、「今」に集中するので、自分の頭が創り出す時間軸から、脱却することができるのです。

 
つまり、目の前の真実に、初めて意識を向けることができるのです。

 
この時、大切なことは、人間の脳自体の活動が、非常にシンプルになり、無駄なエネルギーを使わなくなると言うことです。

 
人間の脳は、ただぼんやりしている状態で、過去や未来に意識が向いている時に、膨大なエネルギーを費やしているのです。

 
我々が、普段仕事や読書など、何かに集中して取り組んでいる時、脳の費やされるエネルギーは、たった5%程と言われています。

 
そして、脳の状態をメンテンナンスするのに使われるエネルギーは、20%であることが判っています。

 
それでは、残りの75%のエネルギーは、何に使われているかというと、何かに集中しているのではなく、ぼんやりとして、過去や未来にとらわれているのに使われているのです。

 
なぜなら、過去や未来は、今の現実ではなく、すべて脳が作り出しているものなので、その世界を構築する為に、非常に膨大を費やしているのです。

 
ですから、過去や未来に囚われれば囚われる程、脳は激しく疲労していくのです。

 
その為に、「何もやる気がでない」とか、「うつで引きこもる」などは、脳の疲労が原因であることが多いのです。

 
マインドフルネスを行うと、意識が今現在に集中されるので、脳のエネルギー消費も抑えられ、脳が甦り活性化していくのです。

 
ヨガのクラスの後、とても気分がすっきりするのは、ポーズの練習中に、自分の身体に意識を向けることで、他に余計なことを考え無くなるので、脳が甦りスッキリするのです。

 
そう考えると、余計なことを考えれば考えれば程、脳は疲れ切ってしまい、人生の中で幸福感を見失ってしまうということになります。

 
つまり、無駄なことを考えずに、今に集中することが、人生で幸福感を得る一番の近道でもあるのです。

 
また、その実現手段として、マインドフルネスは非常に効果的であると言えるでしょう。

そして、また別の記事で、マインドフルネスと瞑想やヨガの関係について、ご説明しようと思います。

 

● ~陰ヨガと瞑想~ 初回体験受付中 ●

仕事で一日使った脳をリフレッシュ、
マインドフルネス瞑想をしてみませんか?

陰ヨガと瞑想クラスが、今年から水曜夜クラスに新設されました。ユキオ先生のガイダンスで、先ずはゆったりとした陰ヨガを行い、その後マインドフルネス瞑想法を行います。仕事帰りなどにココロとカラダをリフレッシュするのに最適なクラスです。

場所:東京湾岸スタジオ(江東区豊洲周辺)
時間:19:30~21:00
初回体験レッスン :¥1,500

詳細、予約申し込みは下記サイトからお願い致します。
  ↓ ↓ ↓
予約申し込みページ

 
ユキオ先生の人気のヨガブログテーマ
「ヨガを続ける7つのコツ」新たな解説も入ったPDFテキストが無料でもらえる、メルマガへの登録はこちら。

2017-04-20_173247

日常生活に溶け込む、ヨガ哲学の面白いメールマガジンを配信中です。
スダルシャナヨガのメルマガ登録は、→ → ここをクリック!


 

この記事が気に入ったらいいね!!

最新情報をお届けします

Twitterでsudarshana-yogaをフォローしよう!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ユキオ

ユキオスダルシュナヨガ主宰

ヨガ歴20年、ヨガ指導歴13年。日本で最も有名なアシュタンガヨガスタジオIYCほか、国内著名ヨガスタジオ、スポーツジムにて指導経験を積む。取得した指導者養成資格多数。近年は、ヨガ哲学をテーマにワークショップを数多く開催する一方、ティーチャートレーニングにて後進ヨガインストラクターの育成にも力を注ぐ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録はこちら

メルマガが、大変好評です。

ヨガが更に楽しくなります。

写真画像

スダルシャナヨガのメルマガ登録は、→  ここをクリック!

blog category

blog archive

calendar

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

facebook page にいいね !!

ページ上部へ戻る