ヨガの効果 ~あいまいに慣れる~


あなたは白黒ハッキリしないと気がすまないといった傾向があるでしょうか?
もしくは、ゼロか100かという判断基準を持っていたりしませんか?
相手に対して「ああ言ってたじゃない」と不快な思いを向けたり、自分自身が決めたことを出来そうにない時に自分を責めてしまったり、言ったからには!と無理して自分自身を苦しめてはいませんか。

ウソをつくことは良くないです。
でも、それはウソや不誠実ではなく、どれも“真実”なのかもしれません。
ぜんぶ、本当のあなたであり、本当の私である、と考えることも出来ます。

ヨガの練習を繰り返すことにより、毎日違う自分の身体や心を呼吸で感じながら体得するのは“変化の中で、自分自身に安らぐ”ことです。
流れるような呼吸と動作の連続で、いかに気持ち良く安定したプラクティスをするかという自分の内側を観察していくため、不安定さの中でバランス力が養われます。

「今日はココが硬いな、伸びないな…」「ここの力を抜くと、気持ち良いんだ…」「今日はいつもより呼吸が深く入っている」などなど、頭で考えるのではなく感じていきます。
自分の中の緊張を見つけて、解放して、そこにエネルギーを通して、緊張や痛みが消えていくと気持ち良くすべてが調和します。呼吸だけを感じるようになると、周りの空気に溶け込んだようにも感じます。

筋肉ガチガチで、力でグイグイポーズを取っている時は、疲労や筋肉痛、ケガをします。エゴで練習した結果です。
ポーズが出来る・出来ないにとらわれず、呼吸の音を聴いて、自分に寄り添っていくと、その日の自分の状態に合わせた練習となり、結果最後には浄化されてエネルギーもチャージされています。

すべてのものは、変化します。だから、絶対もなくて。
それをヨガの練習で体得しているから、知っているからこそ、日常生活においても変化を受け入れ柔軟でいられるようになります。

だからと言って、ガマンや自己犠牲とは違います。
条件付けをして安心したいという気持ちがあると、自分自身に檻を作ってしまいます。

ヨガの練習では“限定するクセ”を取り除いて、過去のデータベースで生きるのではなく、未来の不安を恐れるのでもなく、いまこの瞬間の自分を味わう気持ち良さを体感します。
だから、自分の解放の仕方を知っていて、自分の軸があることで自分を信じているからこそ、変化するものに対して執着がないのです。

「いろんな意見があるよね。いろんな意見があって良い。」「人それぞれの、ベストなタイミングが違うだけ。」「どんなあなたもあなたであって、どんな私も私であることには変わりない。」

強さと優しさを持った受け止め方が出来るようになり、生きるのがラクになります。

出来事をただそのままに見るだけ。そこに自分の感情やジャッジはあまりない。
だって、ゼロか100だけじゃないから。本当は、無限にある。
白か黒だけじゃなく、いろんな色がある。
いろんな色があると、見える世界は彩りにあふれていて美しい。
穏やかで平和で…「地球まるごとオッケー」となって、あいまいを楽しむことが出来るようになります。
そんな喜びあふれる生き方をヨガは教えてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

Akko

Akkoヨガインストラクター

新入社員から13年間ホテル勤務での経験で得た“コミュニケーションスキル”“心理学”“心と身体のバランス”をヨガとつなげた執筆活動も行っている。
 http://lealta.jp/author/akko/

・アシュタンガヨガ指導者コース修了
・IYCキレイになるヨガインストラクターコース修了
・陰ヨガ指導者養成修了
・JAPA認定アーユルヴェーダアドバイザー
・日本メンタルヘルス協会心理学ゼミナール研究コース修了
・公認心理カウンセラー申請中
・ファスティングアドバイザー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録はこちら

メルマガが、大変好評です。

ヨガが更に楽しくなります。

写真画像

スダルシャナヨガのメルマガ登録は、→  ここをクリック!

blog category

blog archive

calendar

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

facebook page にいいね !!

ページ上部へ戻る