ヨガの練習と怪我 ~肉体編~


ヨガを練習していく中で、怪我をしてしまいヨガを楽しめない経験をした方も多くいらっしゃると思います。

怪我に対する正確な知識と対処方を理解していないと、ヨガを練習する上でも、ヨガを伝える上でも色々障害が出てきます。

そして、怪我に対してアプローチする方法としては、肉体的観点と精神的観点から見ていく必要があります。

○痛みの原因は3つの点に注目

痛みの原因には、大きく別けて3つの点があり、その対処方法もそれぞれ異なります。先ずその原因として、以下の三点に注目するといいでしょう。

 ・ 筋肉
 ・ 結合組織
 ・ 神経組織

 
1)筋肉の痛みの原因と対処法
筋肉痛の原因は、自分のからだの許容量を超えた運動によって、筋肉組織が損傷したり、疲労により筋肉内に乳酸が留まってしまうことが原因です。

自分のからだの許容量は、そのヨガの練習経験によって異なるので、筋肉痛はヨガ初心者に多く見られます。対処方法としては、痛みが強いところは冷やし、落ち着いたらしっかり休養することです。

ヨガの練習を積むに従って、からだの許容量も変化していき、当初すぐ筋肉痛になっていたものが徐々に改善されていきます。

 
2)結合組織の痛みの原因と対処法
結合組織とは、関節を中心とした身体の骨や筋肉を繋げる組織です。その代表的なものが靭帯といわれる関節を包み込んでいるものです。

ヨガで一番、結合組織の問題が生じるのが、膝関節です。膝関節には、非常に複雑で繊細な結合組織が構成されており、長く無理なエネルギーが掛かると痛みが生じます。

膝の痛みの1番の原因は、膝が本来動く動きと違う負荷をかけてしまうことです。つまり、膝は縦方向には動きますが、ねじるようには出来ていません。

しかし、ヨガの練習の中で、毎回ねじるような負荷をかけていると次第に損傷していきます。

対処としては、ヨガの練習において、そのような不自然な膝の動きをしないように努めることが大切です。

結合組織の障害の問題は、結合組織は血液が流れている組織ではないので、治るのに時間がかかることです。

結合組織による痛みは、それが発生した場合段階で長期化する場合があるので、決して無理せず痛みがある動きは避け、ひどい場合は病院で診察を受けた方が良いです。

 
3)神経組織の痛みの原因と対処法
神経による痛みの特徴は、ビリビリしたり、ジンジンしたりする感じです。その原因は、神経組織が圧迫されて生じる場合が多いです。

よく症状として現れるのが、手の痺れやお尻や足の後ろ側に痛みを感じたりします。そして、その痛みの場所と原因の場所が異なることが、特徴です。

手の場合は、その原因は首の頚椎による圧迫が主な原因です。手の神経は、首から出ているので、その部分の圧迫によるものです。

良く逆転系のポーズや首を後ろに反らし過ぎた場合に、そうした圧迫を生じます。

また、足の場合は股関節近くのハムストリングの根本あたりで圧迫することが多いです。その原因のほとんどが、オーバーストレッチです。

前屈などで無理やり力ずくで、ハムストリングを伸ばそうとすると、このような結果となります。

前屈は、前の大腿四頭筋やムーラバンダを効かせて総合的に前傾姿勢をとるようにできているので、それらと連携せずにやるとハムストリングに負荷がかかりすぎて、こうした結果となります。

 

 
以上のようにヨガでの怪我については、その原因と対処方法を適切に理解しながら、毎日の練習の中でそうした怪我を未然に防ぐことが大切です。

その怪我を未然に防ぐ為の、ヨガの練習姿勢やヨガインストラクターと生徒の関係については、怪我について(精神編)で解説したいと思います。


この記事が気に入ったらいいね!!

最新情報をお届けします

Twitterでsudarshana-yogaをフォローしよう!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ユキオ

ユキオスダルシュナヨガ主宰

ヨガ歴20年、ヨガ指導歴13年。日本で最も有名なアシュタンガヨガスタジオIYCほか、国内著名ヨガスタジオ、スポーツジムにて指導経験を積む。取得した指導者養成資格多数。近年は、ヨガ哲学をテーマにワークショップを数多く開催する一方、ティーチャートレーニングにて後進ヨガインストラクターの育成にも力を注ぐ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録はこちら

メルマガが、大変好評です。

ヨガが更に楽しくなります。

写真画像

スダルシャナヨガのメルマガ登録は、→  ここをクリック!

blog category

blog archive

calendar

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

facebook page にいいね !!

ページ上部へ戻る